Home > FreeMarker

FreeMarker Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

FreeMarkerの構文タグについて

バーボンです。今回もFreeMarkerネタです。FreeMarker ver.2.3.xでは、構文タグがデフォルトで角カッコ(angle tag,< >)でした。このままでは、eclipseを使用した場合html構文タグと認識されて構文エラーの表示が出てしまいます。そこで、FreeMarkerのタグを中カッコ(square tag,[ ])で表記できるようにしてみました。 springframeworkで使用する場合はbeanファイルでtag_syntaxの属性を「square_bracket」にするだけです。


	
		
			square_bracket
		
	

これで[@spring.url "/home.html"/]といった表記で書けるようになります。
また、FreeMarkerServletとして使用する場合は、web.xmlで次のように書いても同じことができるようです。


	freemarker
	freemarker.ext.servlet.FreemarkerServlet
	
		TemplatePath
		/WEB-INF/templates
	
	
		tag_syntax
		square_bracket
	

さらに、FreeMarkerはangle tag、square tagのどちらを構文タグにするかということを各テンプレートごとに決めることができます。この場合は先ほどの「square_bracket」部分→「auto_detect」とするだけです。
auto_detectを指定すると、FreeMarkerはテンプレートの始めに出てくる構文タグがangleかsquareかを解析し、そのテンプレートの構文タグを決定してくれます。
FreeMarker ver 2.4.xからはこの「auto_detect」がデフォルトになりますが、2.3.xでもauto_detectを使用することが推奨されています(参考)。
以上です。

Home > FreeMarker

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。