Home > スポンサー広告 > はじめてのWARファイル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://netforestdevnote.blog26.fc2.com/tb.php/10-7588db46
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Netforest Developer's Note

Home > スポンサー広告 > はじめてのWARファイル

Home > Java > はじめてのWARファイル

はじめてのWARファイル

チャンです。
業務でWAR形式のファイルを扱う機会があった為、どのようなものか調査しました。


▽WARとは?

"Web Application ARchive"の略称で、Java EEアプリケーションのパッケージ形式です。 Webアプリケーションに必要な各種リソースをまとめ、ZIP形式で圧縮されたアーカイブファイルです。

アーカイブ
複数のファイルを一つにまとめる処理で、作成したファイルを アーカイブファイルと呼びます。
また、このファイルを作成するソフトウェアをアーカイバと呼び、ファイルのフォーマットには、tar・ZIP・LHA等があります。

▽含まれているもの

静的なHTMLファイルやサーブレット、リソースのプロパティファイル、XMLファイル、 画像ファイルなど、アプリケーションに関連するファイルが集まっています。

▽WARファイルの利点

ファイルを圧縮するだけならZIPやLHAで良さそうだが、普通のZIPファイルと何が違うのだろうか。

自動展開
アプリケーションを動かしたいフォルダに、WARファイルを配置すると、コンテナ再起動時に自動的に展開(インストール)する機能が利用できます。動作に必要なファイルをまとめておけば、解凍後は、すぐにWebアプリケーションを利用することができるのです。

高い可搬性
Webアプリケーションの単位で、1つのパッケージとして扱うので、更新や配布時の可搬性が高まります。

▽その他のアーカイバ

JAR
クラスファイルやXMLファイルを圧縮したファイルが集まっています。

EAR
複数のWARやJARファイルで構成される。それらの名前や構成を管理するapplication.xmlが含まれている。

▽まとめ

WARファイルによる運用を導入する前は、アプリケーションに変更があるとクラスファイル・JSP・テキストファイルなど各種ファイルをそれぞれ更新しており、手順が煩雑化していました。

現在は、warファイル1つをアップするだけになり、スムーズな更新が可能となっています。


次回は、プロジェクトの管理に使用しているMaven(メイバン)について、学ぼうと思います。
ではでは!

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://netforestdevnote.blog26.fc2.com/tb.php/10-7588db46
Listed below are links to weblogs that reference
はじめてのWARファイル from Netforest Developer's Note

Home > Java > はじめてのWARファイル

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。