Home > スポンサー広告 > TDD

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://netforestdevnote.blog26.fc2.com/tb.php/11-65ab4548
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Netforest Developer's Note

Home > スポンサー広告 > TDD

Home > ソフトウェアテスト > TDD

TDD

ガッツです。ガッツという名前に慣れないので今度変えるかもしれませんが宜しくお願いしますm(_ _)m

今自分がやっていこうと思っているテスト駆動開発について、TDDとはどんなものかを考え、実践の結果など、今後この場を使って報告などしていければと思っています。
まず最初はTDDについて少し調べ思ったことを。今後実践についても報告していきます。


テスト駆動開発(Test Driven Development)

テスト駆動開発はテスト手法ではなく、開発手法と考える。 プログラミング後にテストを行なう事が開発の多くであると思いますが、それに対してテストファーストという言い方もある。

TDDの信条

  • レッド - 動作しないテストを少し作成。たいてい最初はコンパイルできない。
  • グリーン - テストをすぐに動作させる。そのためにはどんなコードでもかまわない。
  • リファクタリング - テスト動作のための重複を全て取り除く。

    • 基本的にスピード感を持って作業を進める事が重要で、一気に大量のテストを作成するのではなく、ひとつひとつ確実に進め、不安を少しずつ減らしていくというような感じなのでしょうか。
      多くの人の話を一気に全部聞こうと思っても、聖徳太子じゃあるまいし、なかなか無理な話だろうって事なのですかね。

      なので、レッド・グリーン・リファクタリングのリズムの回転を速く、レッドの時には基本的にテストは追加しないで、ひとつのレッドに集中する。そしてどんなコードでもいいのでまずグリーンにする。 やっぱりグリーンになる時は気持ちが良いので、ある意味では何回もグリーンになる快感が味わえるといった最高の手法なのでは・・・。

      ですが、テストが通る状態(グリーンの状態)にするためにはどんなコードでもいいとあり、その後リファクタリングする事が確実なわけなので、どのようにこのリズムを刻んでいけるかが今現在で「スピード感」を出せる部分なのかが疑問なところです。

      次回は、まず実践という事でサンプルプログラムを使ってさらに流れをつかんでいきたいと思います。

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://netforestdevnote.blog26.fc2.com/tb.php/11-65ab4548
Listed below are links to weblogs that reference
TDD from Netforest Developer's Note

Home > ソフトウェアテスト > TDD

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。